久留米 出会い

恋愛コラム記事一覧

お酒を呑んで酔いつぶれて視線が覚めたら

酔った勢いで「お酒を呑んで酔いつぶれて眼が覚めたらベッドの消息筋、側に知らない者が寝ていた」という経験をした方も多いのではないでしょうか?お酒を呑むと、いつも抑えている本能が顔を出します。どんなに真面目な者も、者には言えないようなアイデアを持っていたり、しょっちゅうとは違う大胆な取り組みにでることが...

≫続きを読む

 

他の女性に所感をかける必要があるの

ダディーは、婦人よりもセックスについて考える日にちが長い、という把握統計があるようです。そのため、始終セックスできる相手方を確保しておきたいという元気も強いようです。「彼女がいるならセックスできるじゃない!」「他の女性に主張をかける必要があるの?」と思われるかもしれませんが、それはいくぶん違う。特に...

≫続きを読む

 

彼女がいるのに何でアバンチュールするの?

男性の不義は、本当の不義?パパの不義のイメージは、とってもただ不義をしているのみ。ただ好色を満たしたいだけ、まだまだ面白く恋い焦がれるだけ、余暇をつぶしたいのみ。勿論、不義をした仲間を本気で好きになることもあるでしょうが、ほとんどの場合は期待を満たしたいのみ。そのため、パパの不義は「本当の不義」と言...

≫続きを読む

 

彼女に飽きているダディーが手出しをする図案

浮気をする男子は、概ねが三日坊主だ。レクレーションもホビーも就労も、そして彼女に対しても三日坊主なのです。彼女への情愛が無くなった訳ではないのですが、おんなじ様態が続くことが不愉快で、別の扇動が欲しくなるのです。そんな時に速いのが、浮気をすることです。浮気をすると、彼女とようやく付き合った辺りの楽し...

≫続きを読む

 

恋と付き合いたい

こちらは色男でもないし、かと言って、楽しい声明ができるわけでもない…でも、好きなあの子と付き合いたい…でも、自信がない…。あなたはこんなことを思っていませんか?でもOK!…って言われてもエビデンスは?って思うでしょ。では、お話します。みなさんは、こんな夫婦を見たことがあるはずです!美女と野獣夫婦って...

≫続きを読む

 

30歳代一人暮し独身男女の色恋気持ち

青少年、20代の若い頃、青春時世と呼ばれる期間は恋に積極的で 気になる好きな色恋がいたら、口説いたりデートに誘うなどのアプローチをしていた 男女も、30代以上にもなると段々恋に慎重になる傾向があると言われています。旦那内面としては、自分のホビーに利潤を使いたいですとか、面食いで年下の美人や望ましい淑...

≫続きを読む

 

惚れた足もとの気持ち

惚れた難点というコピーがある。 一度惚れこんでゾッコン状態になってしまうとゆがみだと言われる。 好きな顧客の事例なら相当無理なことでもハイハイと承諾して言うことを何でも聞いてしまう。 成婚ペテン師に騙される集まりの女性は、うまいこと惚れさせられてしまっている。 女性は成婚をちらつかせられるとどうして...

≫続きを読む

 

婚約してても長距離だと安心できない

内面学にボッサードの法則というものがある。 「潜在的なウェディング標的を分離している行程とウェディング回数との間には別の関係がある」というロジック。 つまり、簡単に言ってしまうとウェディングに至るまでの時間、お互いのいる仕事場が離れていればいるほど、 その両人が結婚する希望は薄れるということです。 ...

≫続きを読む

 

自社恋、店恋の脈動あり証

会社員、おとな、ビジネスマンになると学生時代は一風変わった関係の 異性をするようになる。男女が入り混じった会社、自社での異性は いかがわしいという周囲の目やジェラシー、付き合っている通りがけや失恋して別れたその後まで 、自社で恥ずかしい雰囲気が流れたり三角関係で職業をやりづらくなったりする。 自社異...

≫続きを読む

 

彼氏ができない道理、ダディーと妻の長所

いつまでも独り身、未婚状態で女房や亭主ができないと耐える男女は大勢います。 人口の約半分は特定の異性の相手がいなと考えられており、再び最近の20年齢価格、30年齢価格の 精神調査をした結果によると、亭主がいない奴が7割合も増加しているという驚きの結果が出ていた。 色恋系の小説や、亭主とのすったもんだ...

≫続きを読む